酒番長  ~酔いドルJournal ~

役に立たない 酒漬けパリ生活記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
お食事中の方、ご遠慮ください。




フランスへ来たことがある人も、まだない人も、もちろん知っている。
世界中が周知の事実。
それは!!


パリの街は犬のフンまみれ



私。
日本じゃ顔を上げて胸張って、まさに「上を向いて歩こう」実施中って感じだけど、
パリじゃいつも俯いて歩いてます。暗い女です。
だって、足元を見ながら歩かないと、

犬のンコを踏んじゃうんですもの。

雨の日なんて最悪よねー。
私の自宅は、土足厳禁にしてるからいいけど、フランス人は犬のンコ踏んだ靴のまま部屋の中を歩き回ってどうして平気でいられるの?
どうしてその靴のままソファに寝転べるの?
人種の差?


一応ね。
法律があるんですよ。
飼い犬の糞を放置したら罰金刑っていうのが。
もちろん、

取り締まってる警官なんて見たことありませんが。

ただ一度、TVのニュースで(?ニュースだったかな。でもTVでみた)警官に罰金を言い渡されたオバちゃんが、ものすっごく怒ってキレてるのを見たことがある。
「みんな放ってるじゃない!!!どうして私だけ金を払わなきゃいけないの!!!どうせ掃除されるじゃない!!」
と。

それに比べて、日本はすごいね~。
路上喫煙が禁止条例が出てまだ数年だけど、ほとんどの皆さんがそれを守ってるもんね。


img_izumi02.jpg

JTが、喫煙者のために喫煙ブースを設置しているように。

うちの近くには、市が設置している…、



CIMG2110_.jpg





CIMG2112_.jpg

犬の公衆便所ブースがある!!!

正直に言う。

ここを通るたびにいつも興味を持って中を覗いてますが(もはや変態の域)
一度たりともこの中でフンを見たことはない!!




CIMG2113.jpg


ちょうど写真を撮ってたこの時も、マダムが犬を散歩中でしたが、

もちろん路フンだ!

つか、ここの歩道は街路樹が育ちすぎちゃって、歩道を人が通るのが困難なのだ!!
ンコよりも、市にはそっちを先にどうにかして欲しい。
危ないのよね、割と。




でもさ、同じ場所で用を足す癖がついてしまえば簡単とはいえ、犬にだって自分のお気に入りンコポイントがあるだろうから、この場所までトイレ我慢させるの可哀そうだよね~。

なんていつもいつもいつも犬のンコのことを考えてた私ですが(もはや恋心に近い)
今月に入ってから2回も!


飼い犬のンコを拾ってる人を見た!

それも、別の場所。別の人。です!!
素晴らしい。
私、思わず拍手しそうになっちゃったもん。
褒め称えて握手したかったもん。

フランスではエコバッグの浸透率がものすごく高いですが、ンコバッグもフランスで浸透すると嬉しいな~。



と、ここまで書いてふと思い当たった。


私が見た2人は、
もしかしたらフランス人ではないのかもしれない
ということに…。

次にそういう人を見かけたら、話し掛けてみる。
もう、気になっちゃってしょうがない。
(私も実家で犬飼い)




スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。