酒番長  ~酔いドルJournal ~

役に立たない 酒漬けパリ生活記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
クリスマス、近し。
パリ寒~い。
また一段と寒くなりました。


CIMG1161.jpg

ラファイエット&プランタンのクリスマス装飾も始まったし、シャンゼリゼ大通のイルミネーションも始まったし、気分はすっかりクリスマス!



…日本のクリスマスが懐かしいな…。
私、フランスに来てから、一度もクリスマスに日本帰国してません(してない、というか。叶ってないというか)
こちらはキリスト教の本場なので、どうしても宗教色が濃く厳かで家族的なものだから、日本のあの

「クリスマス!超イベント!恋人がサンタクロース!きっと君は来ない!」

っていう、この季節ならではのノリが感じられないんだなぁ。
ああ、懐かしい…。



で。
この間、Alexと日本とフランスのクリスマスの違いなんかを話してたの。
お互いが、子供の時にワクワクしたクリスマスディナーの話なんかを。



Alex:P1140533.jpg

生牡蠣。そしてケーキはブッシュド・ノエルがご馳走。





私:
news051101kfc01a.jpg

ケンタのパーティバーレル。そしてケーキはショートケーキがご馳走




私のセリフを聞いたAlexが驚愕し、言い放ったセリフ↓


「それ、ボクがそこんちの子供だったら 悲しくて大泣き。


ケンタって、思いっきり安いファーストフードの印象しかないんだって~。
そんな貧乏食を、一年で一番大切な日であるクリスマスに出されるなんて悲し過ぎるらしいです。



…私。
もし将来、子供が出来たらもちろんクリスマスはケンタでお祝いですよ。
当然ですよ。日本人ですもん。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ケンタは贅沢
ウチは兄弟が多くてワリとビンボーだったので、KFCはかなりの贅沢でした。
高校生になってバイトを始めた姉が、クリスマスにパーティバーレルと不二家のケーキをホールで用意してくれたのを思い出します。
貧乏食と言えばその通りかもしれませんが、とってもあったかい楽しいクリスマスでしたよ。

でも、牡蠣は親父が海で採ってきてくれたので、新鮮で美味しいのを普段から食べてました。
逆にクリスマスに生牡蠣とかだったら悲しいかもです。
2008/11/27(木) 00:00:03 | URL | ひいで #mQop/nM.[ 編集]
>ひいでさん
KFCご馳走だよ、贅沢だよ、ねえ!!

フランスってケンタの店舗が少なくて、あまり流行ってないんだよね~。
変な話、宗教上の理由で豚を食べれない人種の方々に人気があるファーストフードだったりするかも。
だから、クリスマスのディナーにイメージが結びつかないんだろうなぁ。(鶏肉を食べないしね、クリスマス)

私、牡蠣はアレルギーがあるのでこの国のクリスマスは毎年泣いてます。
2008/11/28(金) 00:58:51 | URL | 酒番 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。