酒番長  ~酔いドルJournal ~

役に立たない 酒漬けパリ生活記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
LONDON 続き
そう。
コメントにもいただいてますが、イギリスといえば!!!

幽霊。

私、怖い話や幽霊話が大好きなんですよ~。
稲川順二さんの怪談ライブにも行ったなあ…。

マイケルのコンサートでロンドン旅行予定があった時、これに申し込もうと思ってたの。

切り裂きジャック・ロンドンウォークツアー



今回の出張でも時間があるのだったらぜひ参加してみたかった…。



ここまで盛り上げておいてなんですが、私の身に起きた不幸とは、

まったく幽霊に関係ありません!


残念。
というか、私は霊感ゼロなので、たとえ目の前に現れてたとしても気づきません!!!!!(だからオバケ話が好きなんだと思う)



結局、何が起きたかというと。


ベットから落ちた。

ゴースト話や、なんかもっとすんごい話を期待させてしまってこんなオチですみません…。

っていうか!
私、自宅ではマットレスを床に置いてベッド代わりにしてるんですよ。(ベッド欲しいんだけど、引っ越すことを考えるとまだ買えない!)
なのに、このロンドンのベッドの高さといったら私の腰くらいまであってさあ!!!!

早朝、目ざましが鳴ってね。
しかも時差を勘違いして、現地時間の朝5時半とかにセットしちゃっててね。

アラーム止めなきゃ!
ってベッドから出ようとしたら、思いっきり床に転落。
いってえの、痛くないのって、いってえよ!!!
腕を打撲しちゃって、1週間くらい動かすと激痛が走ったのよ。
つか、腕だけじゃなくて口の中も切っちゃって、何が何やら。
でもまあおかげさまで目覚めはバッチリ!
まだ5時半だけど。




CIMG3394.jpg

インタビュ、泊まってたホテルのサロンで行われました。

サロンもおしゃれ。



CIMG3396.jpg

…モダンなシャンデリア。




CIMG3397_.jpg

如来?

イギリスでも、アジアンブームが来てるのかしらね。



私達ひっきーTVは、インタビュ順番が1番だったので8時半からスタンバイ。

インタビュさせていただける時間は、10分のみ。

だからロスタイムを作らないためにも、早くからのセッティングが大事なのよね。
でもね、私みたいに通訳を介さずにインタビュできるメディアはいいけれど、通訳さんを必要とするメディアで「トータル10分」はキッツイと思うわ…。
おかげさまで日本語が話せて、ゲームの知識も少々持っている私は会社で重宝されてます(無報酬で仕事を受けることも多いんだけどね)


さて。
インタビュ終了しました。
時は朝の9時
帰りのユーロスターは18時です。

やったー!!後はフリータイムねっ!!
ロッソー蝋人形館へ行って、大英博物館へ行って、ハイドパークを散歩して…
と小さな胸を膨らませてワクワクしている私に、ディレクターAlexが言いました。

「さ、東京茶屋 in LONDON のロケを始めようか!」

と。

何やんの…?




lakav_.jpg

↑こちら。ヒッキーTVのスタッフ兼タレントのDr.Lakav

彼がAlexにイギリス土産を頼んでいた…!
イギリスでしか手に入らない限定物が欲しいという、それは!!!





363283_idol.jpg


タマゴッチ・ミュージックスター


タマゴッチだったら何でもいいワケじゃないだって。
ミュージックスターで、しかも欲しい色まで指定された。2個。





CIM46937.jpg

マイクを持ってロンドンの街に飛び出した私

てか、ここロンドンのどこ!?

街行く人を捕まえて、英語の出来ない私が尋ねる!!



CIMG3420_SP0000.jpg

「I am looking for this toy.」




まず最初に声をかけた少年達に、

「Taaaaamagotchiiiii!!!!!」

爆笑される。
さすがタマゴッチ、知られているようだ。
だが、どこで手に入るかは教えてもらえず、ただ笑われただけだった。


次に、「English breakfast あります!!」と呼び込みをしていた、お姉さん2人組に聞いてみると、
「やっだー、タマゴッチだ~!!超―懐かしい。あったしコレ8歳の時に持ってた~!!」
とやはり爆笑される。
そして、玩具を売ってるお店を教えてくれたが、反対に私が質問された。

「なんでこんなのが欲しいの?」

と。
私の口を迷うことなく思わずついて出たのは、

「For my child」

だった。
子供なんて持った試しないけど。

その後、おもちゃ屋を求めて移動。
途中、ベビーカーを押す女性なんかにも写真を見せて聞きましたが、
「なんでコレが欲しいの???」
って聞かれることが多かった。
もちろんいつの時でも返事は
「For my child」
です。


唯一、、

「で、その子供はどこにいるの!?」

と食い下がってきたマダムもいたなあ…。
そんなに気になるもの??
この質問には、
「国でお留守番してます!」
と言いきってみた。



結局、教えてもらった店(コンランショップだった)ではタマゴッチを扱っておらず、店員さんに「地下鉄に乗ってデパートへ行け!」と言われる。

土地勘なし、超絶方向音痴の私がハロッズを目指しロンドン地下鉄に乗った。
乗車賃、高いねー!!!

ちょっと迷いつつも、人に道を尋ね歩き、



CIMG3422.jpg

なんとかハロッズに到着。

ここから先はカメラで撮影することが不可能なので、単独潜入。
ハロッズ、楽しい~!!!
おもちゃ売り場の店員さんに写真を見せたら、
あっさりとタマゴッチ・ミュージックスターを見つけることが出来ました。
結構、拍子抜け。
とっとと仕事が片付いたので、ハロッズでお買い物。やったー。
結果的には、このロケのおかげでデパートショッピングも出来て大満足。



そしてパリに帰宅して、ハロッズの袋を開いたら
購入したはずの物が何点か入ってなくてショックでした…。
(ショッピングバッグを使ってレジを通ったんだけど、何をどう間違えたのか、バッグに残したまま会計してもらえなかったみたい。寂しい)


以上、ロンドン出張でした!
腕めちゃめちゃ痛かったけど、また行きたい。ロンドン!!!




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ザンネン!?
幽霊というかゴーストとの大立ち回りというか映像に?なんて期待してましたが、ザンネン!!
ベットからの転落。お見舞い申し上げます。

タマゴッチはなつかしいーっ!!

出たばかりのとき山のように置いてあって、興味がないので、無視したのですが、買っておけばレアものとして高く売れたかと・・・あのころ、プレミアがついて大騒ぎでしたよね。

ザンネン!?

ねこのひげは、まだ乗ったことがないのですが、往復のユーロスターは、どうでした?
海底トンネルのなかは?
2009/12/08(火) 05:24:13 | URL | ねこのひげ #-[ 編集]
あれ?
買ったはずのものが入っていなかった、なんてイギリスもラテンに同化されたのでしょうか?
2009/12/08(火) 12:14:00 | URL | ミール #-[ 編集]
どきどきして幽霊話待ってたのですが、違ったんですね。笑
ともあれ、ベッドから落ちて大変でしたね@_@

たまごっちってそんなに大笑いになるほどなんですね。笑
しかもだれに?って聞いちゃうところがおもしろい。笑

お疲れさまでした。笑
2009/12/09(水) 10:00:30 | URL | mimi #-[ 編集]
お返事>ねこひげさん>ミールさん>mimiさん
>ねこのひげさん
幽霊、死ぬまでに一度見て見たい気もする!
タマゴッチ騒動懐かしいですね~。
ヤクザが買い占めて高額で売ったりしたという噂を聞いたわ。
ユーロスターは、特に何の感想もなく…。
ずっとPSPしてた(苦笑。


>ミールさん
レジで、なんか安いな~?(支払いはユーロに換算してもらったのです)と思ったのですが、その場で確認せず帰宅しちゃったんです。
小さい商品を数点だったので、見落とされちゃったみたい。
フランスのような出来事でした。つまり慣れた出来事。ともいう(苦笑。


>mimiさん
腕、激痛でした。これだったら怖い幽霊のほうがまだよかったかも!!!
タマゴッチはほんとに訊ねる人、訊ねる人に、「なんで欲しいの?」って訊き返されました。(デバートではさすがに言われなかったけど)
私とタマゴッチってそんなにミスマッチだったのかしら???
2009/12/10(木) 21:34:16 | URL | 酒班 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。