酒番長  ~酔いドルJournal ~

役に立たない 酒漬けパリ生活記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
講演してきたよー。

「先生」


なんて、くすぐったい呼ばれ方しちゃって、


「これって、何のプレイ?」


ってくらいにドキドキしたわ!


私の人生における初の講演は、出席して下さった方々とテーブルを囲み、気さくな雰囲気で進行したのでホっとした。

参加して下さったのは、地方自治体にお勤めでフランスに出向していらっしゃる方々。
講演会の主旨を私風に要約すると、


フランスで日本ブームが来ている!
…この波に乗って不況解決!
フランス人を地方に観光旅行させるには、どうすればいいんすか?問題はどこっすか?
ちょっと酒班長センセーの経験と知識から、その辺のヒントをプリーズ。




ってとこかしらね。
皆さん、私なんかの話をノート取って下さったりと、嬉しいやら恥ずかしいやら。


フランス人観光客を、東京や京都に誘致するのはそんなに苦労は必要なさそうだけれど、それ以外の地方に興味を持たせるというのは、なかなか至難の業だよねえ。

フランスの日本ブームの大部分を支えているのは「ビデオゲームおたく」なので、やはりどうしても秋葉原や、中古ショップがあるところに集中しちゃうのよね~。

まあ、実際にどんなものが日本好きのフランス若者にウケてるのか、というのを私の番組を通して知っていただこうと「東京茶屋」もダイジェストで上映してもらいました。

上映中は笑い声が漏れていたのに、終了したら会場がシーーーンと静まり返った(苦笑。

なんだか、とってもアウェー感。

そんなにヒドくないやつばかりピックアップして持っていったんだけどね~。
TVやってる私の姿って、自分でもたまに目を背ける時があるもんね…。やむなし。


「おたく」とは言っても、日本のソレとフランスのソレには違いがあるという話とかしました。
日本には最近も何かと話題になっている鉄道おたくの「鉄っちゃん」がいますが、

フランスには鉄ちゃんがいません!!!


「鉄道旅行好きの老人」
とかはいるけれど、、何系なんちゃら駅名すべて言える!アナウンスを完コピできる!とかいったフランス人はいないです(もし万が一、私の知らないとこで存在してたらご紹介ください。取材に行きます)

オタクなフランス人を日本の地方へ誘致するには、やっぱり「オタっぽい!」ものを絡めるのが一番と思ったので、
「聖地巡礼」
のようなツアーを組む事を勧めてみたところ…

「水木しげる!ゲゲゲの鬼太郎ですね!」


と返事をされ、酒班長センセー撃沈。
鬼太郎はこっちで人気全然でなくって、知名度ゼロに近いと思うわ。

もっと萌え~を!

…「萌え」もまだフランスにはないんだけどね。
出席者さんからも「萌えって、フランスでも通じるんですか!?」と訊ねられましたが、
フランスで萌えにあたるのは「Kawaii」だと酒班長センセーは思うわ。「カワイイ」ね。

まあ、なにせこの日本ブームの中心になってるのは10代の若い世代なので、日本の歴史や文化より、アニメ・ゲーム・マンガで釣るのが一番の手段だと思う。
「釣る」というと言葉が悪いけど、入り口がここでもそこから日本への興味が広がってくると思うんだよね。
食べ物で釣るのもすごく良い手段だと思う。
「らんま1/2」で見た、あの「お好み焼き」を食べようツアー!(お土産にレシピとお好みソース付)とかさ。

そして思ったんだけど、日本は(政府もそうだし、企業なども)フランス人に対して色々と情報発信をしたいんだけど、フランス国内でのソノ手段がほとんどないのね。
日本の企業がフランスで発行しているフリーペーパーだったり、ケーブルTVだったりってのはあるけれど、日本ブームに乗っかってフランス人に発信してるフレンチメディアの先頭に立ってるのってやっぱり、ひっきーTVなんだなあ(これも皆様のご支援、お力添えのおかげです。ありがとうございます)


こんな私じゃなくて、もっと熱意と知識(経営学とか国際ビジネス学とかさ)を持ったほかの日本人が私の仕事をしていれば、もっと日本の役に立てる気がするけれども、こればっかりはもうどうしようもないしなあ。 嫁入りしたのは私なんだなあ。

講演でも、この仕事に就いたきっかけを訊ねられましたが、その質問への私の答えは、



「家業手伝いです」


だものね。
今後は自分の男のためだけじゃなく、お国の役に立つような何かも考えていこうかな、とも思います。





CIMG3927.jpg

こちらの写真は、講演終了後に高山市から出向している担当さんから頂いた、さるぼぼ湯の花。超嬉しい。
こういう地方特有のグッズやキャラクターを、ひっきーTVで特集やりたいなあ。



とても素敵な時間を過ごさせていただきましたが、
果たして客観的に見て、私の初講演は成功だったのか失敗だったのかは、謎。



今回、さらにドン引かれるのを懸念して話しそびれた私の持論、
「日本人はロリコン!フランス人はマザコン!」
は、もし万が一、次の講演の機会があった際に披露したいと思います。


どうもありがとうございました。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんはお久しぶりです
ちょっと私生活が荒れててブログに顔出してませんでした(´・ω・`)
ブログ閉鎖の危機もどこへやら、いい意味でいつも通りの酒班長でうれしいかぎりですwww

勝手なイメージですけど、アニメとかの聖地巡礼ツアーとかフランス人集まりそうですねw
あと黒澤明とか有名所の監督ものも集まりそう^^
フランス人には本当に勝手なイメージですが、武道好きも多そうなんで「1ヶ月集中修行」なんてのも多少はあつまるかも?w
2010/03/02(火) 01:44:10 | URL | 2から #-[ 編集]
こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いています。
酒班長のブログをなるほどと思うばかりで、滅多にカキコもせず、足跡だけですみません;;
日本ではワイン漫画「神の雫」とか日本酒の「夏子の酒」とかちょっと話題になりましたが、お酒つながりと言うのはあまり出来ないんでしょうかね(^^)
酒班長さんにうってつけだと思うのですが(笑)
2010/03/02(火) 14:50:52 | URL | ゆうゆ #-[ 編集]
お久しぶりです。覚えてますかぁ??
毎年バカイヴェントに参加するために海外まで行ってる女王様です♪(あ、もちろん今年も行ってきましたよ)
先日、本屋で立ち読みした本が「今、日本のサブカルチャーがいかに海外から熱い視線を送られているかっっ!」ってことを力説してました。おしゃれ系フランス人を日本に呼びたいならまずはゴスロリ・ゴスパン・ビジュアル系でしょうね~。でもそれらの聖地は原宿とか渋谷であって地方ではナイ。せいぜい下妻?(笑)オタク系はアキバ・中野だしねぇ。
いきなり地方に来てもらうのはキビシイかと。「日本ブーム」ってのは正確には「東京ブーム」でしょうねぇ。おそらく若い外国人は東京に憧れてるんだと思うわ。日本人が「フランス=パリ=おされ~」って思うのと同じで。
班長の言ってる「地方特有のキャラクター」って「ゆるキャラ」のこと?ヨーロッパではキティちゃんが大流行してるみたいなので、ゆるキャラはイケると思うわ!地方にはとてつもないゆるキャラがわんさかいるぞ~!日本最大のゆるキャラ王国は鳥取県ですよん♪
2010/03/02(火) 22:41:33 | URL | 女王様 #-[ 編集]
アニメ・漫画・ゲームの聖地巡礼ツアーは面白いかもしれません。
最近のアニメはきっちりロケハンしてることが多いので、アニメと同じ場所へ出向くって楽しそうです。
ちなみに僕は映画「転校生」を見て尾道に行きたくなりました。
アニメ「かみちゅ!」の舞台にもなっていましたねw

フランス人からすると、アニメで見た不思議な日本の食べ物とか結構あるのでしょうか?
フランス人向けのアニメ食ツアーが開催されたとしたら、その反応を見てみたいです。
2010/03/04(木) 00:09:45 | URL | ひいで #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。