酒番長  ~酔いドルJournal ~

役に立たない 酒漬けパリ生活記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
国際旅行見本市
あっ!
と、言う間にもう週末。


週の初めに、実家で可愛がっていた犬が亡くなってしまってね…。
長生きした犬で、寿命だったんだけど、もう二度と彼女に会うことも触れることも出来ないのかと思うと悲しくて寂しくて涙が出る。
私のやってる「東京茶屋」でも忠犬ハチ公役で出演してくれたりしたなあ。
実家を離れている事もあって、まだ実感がちゃんと沸かないんだけれど、今はだただただ、天国へ召された彼女がもう苦しむことなく安らかに眠ることを祈るだけね。




話は巻き戻ります。


先週の日曜、アキ・パーティの翌日はこれまたリポート取材で、



CIMG3999.jpg
世界国際旅行見本市

というイベントへ行ってました。
色んな国のブースがひしめく中、私のお目当ては!




CIMG4003.jpg

もちろん日本のブース。


ブースは小さめだったけれど、京都や大阪、沖縄、あとは愛知県や飛騨高山のコーナーがありました。

でも、「日本旅行」を外国で外人にアピールするのって難しいことだよなあと思った。
それこそ入場料まで払って旅行サロンに来るような客って、一部の金持ちぐらいだろうしさ。

私も頑張ってリポートして、無料のTV放送で「日本に行ってみたい!憧れの国をこの目で見たい!」というひっきー視聴者達に、日本旅行をアピールだ!

っていうか、私が日本に旅行へ行きたい!




日本ブースでのアピールイベントとして、


CIMG4009.jpg

沖縄三味線の演奏がありました。


沖縄音楽、けっこう好きです。

Alexに、
「ほらほら!沖縄三味線の演奏が始まるよ!」
と伝えると、

「三味線じゃないよ!サンシンだ!」

と怒鳴られたので、何がなんだかわからず、「は?三振?からぶり?」
と聞き返すと、

「沖縄の楽器は三味線ではない。あれは、ヘビの皮でボディを作り弦の本数も3本しかないもので、サンシンという名前なのだ」

と説明が返ってきた。

フランス人に、自国の文化を教えてもらう私。
しかも日頃はいつも「君に拍手をおっくりったい~♪」なんて日本のアイドル曲ばかり歌ってるようなフランス人に。

っていうか、なんでそんなこと知ってるの!?


沖縄のサンシン弾きの女と関係があったりしたのだろうか。
またしてもAlexへの謎が深まった。



CIMG4008.jpg

一番右端の男性が持っていたサンシンは、カンカラサンシンと呼ばれるものだそうで、戦後の物資不足の中で空き缶とパラシュートの紐を使って作り、広められたんですって。
人が音楽を愛する心って素敵ね。




そして。
インドブースではたくさんの香辛料が並んでいて、まさにザ・インド!って感じだったんだけど、



CIMG4002.jpg


ワサビを発見…。


そんな国際旅行見本市リポートは、今度の水曜夜19時30~のオンエアです!
編集がんばるぞー



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
サンシン!?
すごい!?
ご主人、すごい。
サンシンを知っているのは、すごいです。ヽ(^o^)丿
フランス人というのは、芸術というか美術的なことには、異常に造詣が深い人がいますよね。
日本人でも知っている人が少ない事でも知っていたりして驚くことがあります。

アメリカ人は、広く浅くがおおいですけどね。
2010/03/28(日) 07:34:02 | URL | ねこのひげ #-[ 編集]
お返事 サンシン
>ねこのひげさん
すごいよね、やっぱすごいんですよね!?
でもムカつくのが、「君は日本人なのにそんなこともしらないの?」みたいに言われる時も多いんですよー。
あんたが特別だ、っつーの!って(苦笑。。
私、フランス人に日本についてダメ出しされることも多いので反省の毎日です…。
2010/03/30(火) 21:45:03 | URL | 酒班 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。