酒番長  ~酔いドルJournal ~

役に立たない 酒漬けパリ生活記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
2週間前に開催された、Chibi Japan Expoという、いまや日本でも名が知られているJapan Expoの縮小版イベントについても書きたいんだけど、まずは先に感動が薄れないうちに木曜に行ったLIVEのことをBlogに書きとめておきます。






66991_453399364075_561359075_5156988_1845657_n.jpg


先日、90年代にメジャーデビューをし成功を収めたフレンチバンド元Dollyのボーカル・ギタリスト、ManuのLIVEへ行ってきました。

日本人アーティストのLIVEばかり行ってたので、久しぶりのフランス人ミュージシャンのLIVE。
とっても楽しかった。
そして感動した。

何に感動したかというと、実は私は彼女に日本語で詞の提供をしているんだけれど、LIVEでその曲が演奏された時に、会場の客さん達が声を合わせてサビを歌っていたり(もちろん日本語だ!)、その曲に合わせて踊っていたの。
その光景をバルコニーから見ていて、日本語を知らないフランス人が(Manuのファンは、日本のジャパニムファンとはほとんど被ってないです)私の歌詞を口ずさんで身体を揺らしてるということに超感動。
初めて味わう種類の感動でした。

DSC00532.jpg



LIVE会場を出てメトロに乗る時に、女の人に、
「あなたがSUTEKI NIを書いた人ね!DVDのメイキングで顔を見たわ!!ありがとう」
と話しかけられて、これまたいつもと違う種類の感動を体験。

私は全然プロの作詞家じゃないし、出来あがったものだってきっと本職の人から見たら鼻クソみたいなものなのかも知れないけれど、一所懸命やった私の作業を喜んでくれる人がいるという事実に心から感動しました。
もちろんこの曲はManuの歌声と、彼女のメロディによって素敵な曲に仕上がっているのだけれど、そこに私も関われた事を嬉しく光栄に思う。


そしてまた、こんなビデオがあることを知人から教えてもらい、これまた感動。

これが私が作詞を担当したManuの曲、SUTEKI NIです。
子供がかわいい…。
ちょっと、子供ほしくなった(笑。




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。